20代も人生いろいろ!

お金好きの20代がお金と投資と好きなことを書き綴っているブログ

【ムダな会話は断捨離】意味のある会話とムダな会話

人と話すことは大切です。内容にもよりますが。

めんです。

今、人の価値観の違いは埋められないということを強く感じています。

相容れない価値観の人と考え方を擦れ合わせることは困難です。

価値観の合わない人との会話、人の悪口やウワサ話は時間のムダです。

価値観を押し売りしたところで、うざいやつというレッテルを張られるのが関の山でしょう。

わたしが今、人と話すときに考えることを今日はお伝えしていきます。

ーーーーー

目次

ーーーーー

スポンサーリンク

 

 

価値観の合わない人との会話は時間のムダ

人の根底まで変えるのは困難です。

特に、人のことを変えられると本気で思っている人が厄介です。自分以外が間違えていると思っています。そういう人の議論に巻き込まれたら・・・ぞっとします。

価値観の押し付け合いは無意味です。討論したって、出口はありません。

悪口は時間のムダ

 

職場に一人くらい、噂好き・口を開ければ人の悪口やウワサ話ばかりという人がいると思います。

私の周りにももれなくいます。複数人。

この人たちは、一人では基本的には無害な場合が多いです。

群れを成すと途端にめんどくさくなる。なんなんでしょうね、あれ。

よく、人のことをそんなに見てる暇ありますね。

わたしはそれがブログのネタになるので、もはや自分の陰口でもおもしろいです(陰口なのに本人の耳に届いてる時点でつっ込めますが)。

 

自分自身の評価を下げていることに気づかない 

悪口やウワサ話をすることは何の意味もないです。

その自分自身の価値を下げることに時間を注いでます。全くのムダです。

少なくともわたしは、当初はいい人たちだと思っていましたが、話すうちにもう関わりたくない人のポジションに移行しました。

その人の周囲からの評価は下がります。

そういう人たちは、だいたい仕事を後回しにしています。

また、自分の行いを見ておらず、人のことばかりを悪く言っています。

常々すべてのことを完璧に行っているという自負があるのでしょうね。

悪いことが習慣になる、だから話さない

元々人は、良いところよりも悪いところのほうが見つけやすいです。

習慣って恐ろしいもので、悪いところを見つけることはすぐに癖になります。

わたしは自分が卑屈で悲観的なことを理解しているので、意識的に「誰かのことを話す」ような会話はしないようにしています。

自分が意図しないところで悪くとられてしまうことが怖いからです。

良いことでも悪いことでも、人の話はしない、何らかのウワサの種になるようなことはしないようにしています。

いい会話

今度は、自分がしていて意味があると思う会話についてです。

私の友人に、自分と価値観が割と似ていて話しやすい人がいます。

自分の中でうまく消化しきれていないことをなんとなく話していると、うまくまとめてくれます。

自分が気づいていなかったことを知ることができ、その友人と話していると頭がよくなった錯覚に陥ります(笑)

わたしは頭が回らないほうの人間なので、え?え?と自分が気づかなかったり。 

そのおかげで、自分がこういうことに興味があるんだ!と気づいたり、ブログでこういうこと書いたら共感してくれる人が現れるんじゃないかと、新たな視点を得ることができます。

人と話すことで自分の意見が生まれる

日常会話だと、あんまり色々考えないで話すことが多いのですが、話すうちに自分がこういう風に考えていたのか!と自分の意見になってきます。

こういう会話の方法が正しいのかはさておき、わたしはこのようにして自分の意見を形成していけるので、会話はとても大切なツールです。

 

会話というツールをどう使うか

上記のように、人と話すことは価値を見出せることなのに、悪口・陰口・ウワサ話でただ時間を消費して互いのモチベーションや評価を下げあうって、ムダでしかないです。

本人たちは、それでいいからそうしているんで何も言いませんが、わたしはその間に少しでも仕事のスキルを習得して、これから生かしていきますよ。

私の周りに限ってかもしれませんが、そういう人たちは新しい価値観を受け入れられないので、これから淘汰されますよ。

まあわたしには知ったこっちゃないですけどね。

では!

 

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com