20代も人生いろいろ!

お金好きの20代がお金と投資と好きなことを書き綴っているブログ

【本当に得する買い物方法教えます!】得をしたいと思えば思うほどお金を使ってない?

人って、お得という言葉が好き。

かくいうわたしも「お得」という言葉にすぐ踊らされてしまう一人です。

って書かれていると、つい財布のヒモがゆるんでしまいませんか?

ーーーーー

目次

ーーーーー

お得という言葉の罠

「お得」という言葉は非常にうまくできていて、”〇点以上お買い上げで10%OFF”や、”〇円以上ご購入で20%OFF”など、言葉巧みにお金を使わせようとします。

 

ちょうどいくつも必要なものがあったのであれば、それは「お得」です。

しかし、たいていの人が、欲しいものでもないのに、一緒に買うとお得だから買っているのです。

割引率は上がるかもしれない。

でも、余計なものを購入してしまったら、それは予算オーバーだし、損になってしまいます。

お得だと思っている買い物は、予定外のものを買ってしまえば、損です。

買った瞬間はお得だー!って思ってますが、帰って来て、「あれ?これ、買う予定じゃなかったのに」って思うことありませんか?

予定外の買い物は損です。

その事実にどれだけの人が気づいていないのでしょう?

目の前のお得に踊らされてはいませんか?

お金を使うから得になる。お金を使わなければ得になる機会すら訪れないのです。

「お得」になっている人は、それなりにお金を使っているんですよ。

スポンサーリンク

 

「お得」に踊らされないためにはどうしたらよいのか

ずばり、情報を入手しないことです。

観たものが欲しくなる

例えば、テレビでおいしそうなラーメンの特集をしていると、急にお腹がすいたり、ラーメンを食べたくなったり、ときには、ラーメンを食べに行ってしまうことはないですか?

また、ニュースアプリやテレビなどでいろんな広告をみて、興味が沸くことがありますよね?

それは、情報に踊らされているのです。

広告に踊らされているわたしたち

ニュースアプリやネットなど、所有者の検索履歴などから興味のありそうな情報をピンポイントで出してくる広告情報。

あの手この手で消費を促してくるので、セール情報をネット広告から知る人も少なくないでしょう。

消費を促す、ときには「お得」なセール情報を流し、お金を使ってもらう。

その流れに見事に乗り続けてしまう消費者。

そしてそれに気づかぬままに無駄な消費し続ける。

その情報をシャットダウンすれば、ほとんどの「お得」戦略からは逃れられるのです!

必要な時に、広告などの情報を得ずに、必要なものだけ入手

ほんとうにお得な買い物の方法は、

本当に必要な時に、必要なものを必要な分だけ購入する。

これに尽きます。

それが一番の「お得」で一番の節約方法なのです。

 

では! 

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com