20代も人生いろいろ!

お金好きの20代がお金と投資と好きなことを書き綴っているブログ

会社に行けなくなりました。

お久しぶりです。めんです。

ブログを放置してお前は何していたんだ!と思って下さる心の温かい方、ありがとうございます。

わたくし、心病んでました・・・

ええ、完全に都会の雰囲気にやられちゃったんです。

 

今後都会に住んだる!と思っている、夢と希望にあふれた若者と心は若者のミドルエイジに私から伝えられる都会の会社のヤベェところ※あくまで個人の感想です)をお伝えしていきます。

 

 

会社行くの、マジでツライ

満員電車

よくあのぎゅうぎゅう具合に耐えてますよね。皆さん。

旅行で数回味わうのと、毎日のルーティンであるのとではまるで違います。

今、何も考えずに打っていたら満員電車を魔人電車って打っていたけど、案外間違ってない(笑)

仕事のスピードが速い

田舎者には考えられないくらい仕事のスピードが速いです。

職種にもよるとは思いますが。

思った以上にドライな人間関係 

田舎の粘着質な人間関係に慣れてる人は、びっくりすると思います。

これも職種によるのかもしれません。

だんだん自分がわからなくなってきた

合わないと薄々感じながらも働き続けたところ、色々今まで当たり前にできていたことができなくなってきました。

自分が買ったものの記憶がない

今まで、無駄買いはあんまりしないほうでした。

それが、知らないうちに冷蔵庫がパンパンになるくらいものを買って、消費期限が切れて、冷蔵庫の中が荒れ狂うようになってました。

今まで、食品ロスなんてやったことなかったのに・・・です。 

予約ができない

例えば新幹線や、病院の予約など、あらゆる予約ができなくなりました。

日にちが全くわからなくなってしまったんです。いざ予約していったら、もう終わっていたとか。未だによく意味わからないんですが、それくらい心病んでました。

家の鍵をかけられない

何日も鍵を忘れる日が続きました。注意していても忘れてしまうんです。

心の余裕がなくなった

ほんの些細なことが気になって許せなくなりました。 自分はもちろん、他人にも厳しくなってしまっていました。

何も楽しめない

何をするにもやる気がおきません。

毎日仕事行く、帰る、寝るを繰り返すだけ。

 

仕事から離れて

これはさすがにまずいと思い、仕事から距離を置きました。

初めて料理が楽しいと思えた

わたし、料理や家事がホントは大嫌いなんです。

しかし、料理楽しい!

現実逃避なのでしょうか。

行きたいと思えるところができた

働く前はいろんなところに出かけるの好きだったんです。

でも、いつの間にかそんな元気全くなくなってしまってました。

今は、散歩したり外に出ていないほうがストレスが溜まるようになりました。 

趣味みたいなことを復活できた

ずっと「時短」優先で、辞めてたことをまたやり始めました。

朝にゆっくりコーヒーを淹れて飲むとか、ほんの些細なこと。

でも、それが自分に必要な儀式だとわかりました。

都会で働くことは想像以上に大変

都会のサラリーマン、サラリーウーマン、なんでこんなんで生活普通にできてるの?

特に組織の中で働くことは思った以上に消耗します。

まずはやってみることが大切

わたしはずっと都会暮らしに憧れを持っていました。

仕事を実際にやってみてうまくいきませんでした。

それは後悔することではないし、都会のあらゆる選択肢の多さはやっぱり魅力的です。

正直、今は仕事をしないと生きていけないので今後どうしようかと考えている最中です。

では!