20代も人生いろいろ!

お金好きの20代がお金と投資と好きなことを書き綴っているブログ

ずっと人との繋がりを苦手だと感じていた。これからの時代を生きて行くには人と関わることは避けてはいけないと思う。

シェアハウスに移住しました。

めん@men2016maです。

 

皆さんは、人と喋ること・人と会うことを得意だと思っていますか?

あるいは、人と関わることにストレスを感じますか?

 

わたしは人と喋ること・人と話すことをとてもストレスだと感じますし、非常に緊張します。

 

人と喋るまでに時間を要しますし、考えながら話をします。

考えすぎて何を言っているのかよくわからなくなることもしばしば。

 

だからあえて、シェアハウスを転居先に選びました。

どういうことだと思いますか?

今日はそのお話です。

 

目次

わたしがシェアハウスを転居先に選んだ理由

先ほどもお話しした通り、わたしは人と話すことを得意としていません。

コミュニケーションスキルはずば抜けて低いでしょう。

そんなわたしがあえてシェアハウスを選んだ理由は、今後の将来を考えてです。

 

シェアハウス生活が自己投資

わたしの今回の転居を自己投資の一環として行いました。

今後、高齢者マンションなど赤の他人と住む機会が絶対に増えると思ったからです。

 

将来のことを考えると共同生活に慣れていたほうが絶対にいい

重い話になりますが、わたしはここ数年で祖父母を相次いで亡くしました。

先に祖母が亡くなり、残された祖父が高齢者一人では住めないと高齢者マンションに入居しました。

本人は抵抗していましたし、とても元気だったのに早くに亡くなってしまいました。

これは高齢者マンションでのストレスも大きかったのではないかと感じました。

 

苦手を克服する訳

わたしはこの出来事によって、これはまずいと思いました。

なぜならわたしは一人が好きですし、人がいると自分のタイミングを見失います。

そもそも全く落ち着かないんです。

このまま年を取ってしまったら、なんの融通も利かないダメな高齢者になってしまうと思ったのです。

 

今のうちに少しでも人がいる状況に慣れていたり柔軟に構えることができていたら、この先もっと生きやすくなります。

例えば誰かのお世話になることになったとしても文句ばかりをいう頑固ババアよりも、にこやかに構えていられるおばあさまを目指そうと思いました。

 

将来のことを考えた結果、今できることをしてみたつもり

今後、一人暮らしの人がどんどん高齢者になっていきます。

今のような介護制度が続くとは思えません。

高齢者マンションじゃないにしても、シェアハウスのようなお年寄りの寄合みたいなものが増えていくと思うんです。

 

そのときに今のままでいったら、神経質・コミュニケーションスキル低いままじゃすぐにストレス過多で死んでしまうと思うので、今の柔軟に対応できるときに飛び込んでみようとやってみたのです。

 

スポンサーリンク 

 

皆さんは将来のことを貯蓄以外で考えたことがありますか?

保険や年金など、お金に関する備えの話はいくらでもあります。

でも、どんなにお金を持っていたとしても与えられた環境に順応できなくてストレスを抱えて死んでいくのはなんとなく嫌です。

与えられた環境に対応できて、どんな環境でも自分らしく生きられる方がよっぽど幸せだと思うのです。

 

皆さんもシェアハウスに住め!とはいいません。

もし人とのつながりを自ら避けているのならば、ちょっと視点を変えてみませんか?

 

では!

 

 ↓東京移住計画の記事です。ぜひ読んでください!↓

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com