20代も人生いろいろ!

お金好きの20代がお金と投資と好きなことを書き綴っているブログ

【一人で抱え込まないで!】心療内科に行く前にやっておきたいこと

こんばんは。めん@men2016maです。

 

先日、書いたこちらの記事↓

www.20jinsei.com

この状態になってしまったので、生まれて初めて心療内科を受診しました。

とてつもなく緊張しながら受診してしました。

こういうときって、もうわけわかんなくなってるんですよね。

 

今は必要ないって思っている方もいつか受診するかもしれません。

そんなときに慌てないために、今回は心療内科に行く前にやっておきたいことをお伝えします。

-----------------------

-----------------------

自分の心境を殴り書きでもいいから書いておく

カウンセリングの時間は限られてます。

その中で自分のことをちゃんと伝えるのは正常な状態でも難しいです。

それが心が疲れている状態では、なおさら厳しいです。

あらかじめ、思っていることや身の回りのことなど、話さないといけないことは事前にまとめておくことを強くオススメします。

タオルは必ず持っていく

高確率で泣きます。

心療内科にかかる人は、無駄に我慢強くて、なかなか自分の周りの人に心の悩みを打ち明けられない人が多いです。

こういう場で、ふと自分の本当の思いを口にすると、今まで出たことが無かった涙があふれてきます。

号泣することもあるのでハンカチではなく、タオルを推奨します。

早めに行って、心を落ち着かせておく

カウンセリングっていうだけでちょっと緊張するのに、ギリギリで行くと、落ち着いて受診できなくなってしまいます。

少し時間前にいき、心を少しでも落ち着かせてから受診しましょう。 

病院の先生は相性がある

一度受診した病院が、自分にとって心地よく話せるところであればいいのですが、先生も人間。自分にとっての向き不向きがあるはずです。

例えばですが、

  • 男性の先生が話しやすい・女性の先生が話しやすい
  • はきはき言われたほうがいい・優しい口調のほうがいい

など、人によって相性があると思います。

一つの病院に行ってすべてがきまるわけではありません。

特に心療内科セカンドオピニオンを受けたほうがいいと言われていますので、余裕があれば複数の病院を受診したほうがいいでしょう。

   

辛いと思ったときに辛いと言っていい

わたしは、我慢強くやることがいいことだと思っていました。

その我慢強さが当たり前になりすぎて、自分のキャパをオーバーしていることに気づけませんでした。

辛い時にはこまめに吐き出した方がいい

自分が我慢している自覚があるうちに、仲の良い友人に愚痴のように話してみるとか、Twitterで吐き出してみるとか、小出しに気持ちを吐き出したほうがいいです。

わたしは無駄なプライドの高さが災いしてなかなか人に吐き出せずに溜まりきってしまいました。

抱え込むことが癖になってしまっていたと思います。

吐き出してすっきりしよう!

心療内科は、もう心がどうにもならないときの最後の砦だと思っていました。

しかし、そんなことはないです。

自分が抱え込んでいるものをなかなか吐き出せないときに気軽な気持ちで受診してみてもいいのでは?

悩みを誰にも打ち明けられないことは一番辛いことです。一人で抱え込むことはしなくていい。

わたしは今回自分の心が疲れた時に強くそう感じました。

 

では!