20代も人生いろいろ!

毎日が実験。日々のつぶやき、副業計画、投資

【20代の物欲】いくらでもお金が欲しい人と思う人が読むべき本

皆さんは仕事を楽しんでやっていますか?

毎日仕事に行くことが楽しいですか?

わたしは今すぐにでも仕事を辞めたいと思い続けながらも働いております。。

その理由は↓こちらの記事↓で詳しく書いてます。

www.20jinsei.com

ーーーーー

目次

ーーーーー

働きたくない!

働きたくないな。

しかし、働かないで家にいると、社会からすごく隔絶されている気がして、疎外感が半端じゃないので、何もしないこともストレスです。

転職となると、転職活動中のストレスもすごいし。

欲まみれ人間

それに、わたしは欲まみれなんで、今のところ、まだ働かないといけないんです。 

あれほしい!これほしい!がたくさんある。

物は少ないけど、物への執着や物欲はその分人一倍強いです。

「貧乏入門」した

そんな欲まみれの私は今、小池龍之介「貧乏入門」という本を読んでいます。

色々書かれていることがぐさぐさと心に刺さってるのですが、割と冒頭の一文で、書かれていた部分で、

お金はいつの間にか、その交換価値ではなく、自分の価値を図るための道具になってしまいました。「自分は年収◯◯万円で貯金が◯◯万円ある。自分の価値はそれだ」と。

自分の価値を測る物差しみたいなものとして、お金があるのなら、自我を肥大させたいために、お金を増やしたくなるのは当然です。

という言葉があり、今の自分がお金に縛られて生きていることを再確認しました。

わたしは自分の劣等感が半端ないです。

劣等感の正体

この劣等感の正体が、「人よりもお金を稼げない自分は情けない」です。

わたしはお金への執着が強いので、お金を自分の価値としてみてしまい、それが劣等感へ繋がってしまいました。

売り込みに使う技術

よく、年収◯◯万円ブロガーとか書かれている方いますが、そういうのも、お金を自分の価値として押し出した売り方ということです。

私はそんな武器がないので書けませんが、まだまだ自分がお金に固執して生きてることは再確認できました

スポンサーリンク

 

現実世界で、物欲は無いよ!お金もいらないから働きたくないよ!と言った結果 

また「貧乏入門」を読み進めまして、こんな一文がありました。

ほんとうはお金が欲しいと思っているのに、いらないと言っている人が、結果としてどういう消費行動をするかというと、「お金がなくても豊かだよ」などと言っているわりにはケチケチしてしまいがちです。つまり、先述のように、貧乏くさくなるのです。

まさにわたし!

外ヅラはお金は少しあればいいよなんて言っちゃってるけど、先ほど書いた劣等感を隠すためですから。

ブログでは「お金!お金!」って言ってるから、貧乏くさくうつってます。

結局他人と比較しちゃってる

他人と自分を比較しています。お金に固執してます。

結局縛られてんじゃん!

お金以外の自分の価値、見いだせてません。

まだまだだなぁ。

お金は道具に過ぎない

わかってるんですよ、お金は道具に過ぎないと。

わたしが今、その道具に縛られてることも。

お金に左右されまくりですよ、全く!

消費から投資へ

また、「貧乏入門」でグサッとくる言葉がありました。

欲望による消費をやめ、必要に応じて、良質なものを買い、その産業に投資するようなスタンスに移行していくこと。

物欲がありすぎることで収入がある程度ないといけない。

結果、自分自身の首を絞めることになります。

働きたくないと言っているのに、思っていることは真逆です。

ミニマムな暮らし

わたしはミニマリストを志して、7年くらいかけて物を減らしました。

(ダイエットと同じように、一時ではなく一生やっていくものです。)

このおかげで、物欲はだいぶ減りつつありますが、まだまだ物欲まみれです。

以前、こんな記事を書きました。

www.20jinsei.com

人より収入が低いわりにはなんとか生活できています。

前ほど物欲がなくなったことが大きな理由です。

物欲をコントロールしよう

無くてもいいものに大きなお金を使っていませんか?

そのほしいものは本当に要るものですか?

物欲をコントロールできれば、今よりも働かなくて済むかもしれません。

わたしは、お金ほしいぞ欲を少しづつコントロールしていきます。

では!

 

↓やっぱりお金を稼ぎたいぞ!という方はこちらの記事もどうぞ!↓

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

 

↓物欲を減らしたい方はこちらの記事をどうぞ!↓

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com