20代も人生いろいろ!

お金好きの20代がお金と投資と好きなことを書き綴っているブログ

【言葉、適切に使えていますか?】お一人様という言葉から

こんばんは。めんです。
今回は、「お一人様」という言葉から、文章での表現について、考えてみました。

ーーーーー
目次

ーーーーー
スポンサーリンク


肩書きを気にする国、日本

少し前にテレビを見ていたら、日本ほど、肩書きを気にする国は無いという話をしていました。テレビの内容をかいつまんでご紹介します。

日本では当たり前にいうけれど

  • 日本では当たり前の、【○○会社 営業課 ○○(名前)です。】と、名前の前に自分の所属を話す。
  • また、芸能人の結婚報道ときに、【お相手は、一般女性のAさん】など、職業を人の前に持ってくる。

このことは、他の国では考えられないことだそうです。

日本では昔から世間を大切にしているからこういう言い回しになるとのことでした。

お一人様という言葉

お一人様という言葉も、その世間を大切にするという意味での言葉のひとつで、
一人とは世間の和を乱す者のことだそうです。

一人に「様」を付ける疑問

自分なりの解釈

世間に対し乱す者を一歩引いた目で見ていたから「お一人様」というわざわざ丁寧な言葉で言っていたのかな?という私の解釈です。

時代錯誤な言い方のような?

今の時代、未婚率が高まっていますし、一人を苦だと思わない人・むしろ一人のほうが気楽でいいという人のほうが増えていると感じます。
このような歴史的背景を意識すると、「お一人」という言葉に違和感を覚えます。

言葉は難しい

表現は自由だ、けど?

ブログやツイッターなど、一般人が表現することに対する敷居が低くなりました。その反面、その場の思い付きで発した言動が、後々まで残っていきます。また、その何気ない言動が、いつ拡散され、尾ひれが付き、問題視されるかわかりません。
表現は自由になったけれども、言葉そのものに対して現代は厳しいのかな?と感じます。
こういう「お一人様」という言葉も、ファミレスで言われることには何の違和感も持たないで受け入れるけど、ネットで文章で言われていたら、個人的には嫌かな?なんとなく、見下されているような。「一人」に、なんでわざわざ「」とつけるんだろう、と。
言葉を適切に使うということはなかなか難しいです。
言葉の意味を深く考える人もいれば、そんなに考えずに思ったことを発する人もいます。
いろんな人が見るツールだからこそ、文章を書くことは難しいです。

ちょっと、まじめに考えすぎました。
時代に合った、言葉の使い方を考えていくとおもしろそうですね。
では!
www.20jinsei.com