20代も人生いろいろ!

毎日が実験。日々のつぶやき、副業計画、投資

スポンサーリンク

Twitterをみるようになったら、本に書かれている情報の古さに驚いた。

本、結構好きで読みます。めんです。

 

実はツイッターを始めてました。

 

6年ぶりにツイッターを始めたんです。

6年前は、いろんな情報に振り回されている自分が嫌になり、衝動的に、すべてのSNSを断ちました

今は、多い情報を自分で取捨選択することができるようになったので復活しました。

今までずっと、情報の少ない狭い世界にいたので、ツイッターの情報の多さ速さには驚きました。

そんな浦島太郎状態の私が、今痛感している、アナログ(本・雑誌)とデジタル(ネット)の情報の差を書いていきます。

ーーーーーーーーーー 

目次

ーーーーーーーーーー 

スポンサーリンク

 

あまりに情報の速度が速いので、今までよく目を通していたマネー系雑誌の情報の古さに驚いた

本に載ってた財テクやってみようかな、あれ?もう遅い?って。

本に書いていることは恐ろしく鮮度が低いです。

ツイッター上ではとっくの昔にみんな知ってますから。

ツイッターは、情報が多すぎるというネガティブなところもありますが、ちゃんと情報を取捨選択できるスキルがあれば、便利なこと、この上ないです。

特に投資ブログをする人は、情報が早いほうが断然良いので、ツイッターを始める利点が多いですね。

 

 ネットでは当たり前を通り過ぎていたメルカリ

 わたくしごとですが、ちょうど一年前くらい(5,6月)に、一念発起して、メルカリを始めました。

あくまで個人的感覚ですが、その時が売買数はピークを迎えていた感じでした。

それが、去年の年末あたりにだいぶメルカリを始めとするフリマ特集を雑誌で組んでいました。だいぶタイムラグですよね?

年明けくらいから、メルカリ!せどり!転売!とでかでかと書かれた本が目につくようになりました。

 

私の感覚が正しければ、メルカリが一番盛り上がっていた時期と、本や雑誌として出版されるまでのタイムラグ半年もあります。

 

余談ですが、今のメルカリは、業者の巣窟になってきてます。

マナーの良い方は、他のアプリに流れて行ってしまったのか、不用品を全てさばき終えてフリマアプリ自体から引退したのか、定かではありません。

スポンサーリンク

 

間違いの少ない情報が欲しいのか、鮮度の良い情報が欲しいのか

の情報は、ネットに比べて精度は高いけど、精度を高くするためにあらゆる人が、間違いないかとチェックした後で発刊されます。

そのため、最新マネー系には弱いですね、すごく。 

(ネットの中では)もう、終わってるよ?とかザラにありますから。

 

今まで、ネットの情報を自ら断ち続けていた私は、特にマネーに関する情報は恐ろしく鮮度の下がった状態で受け取っていました。

これで投資やりたい!なんて言ってた自分が怖いです。。

 

ただ、すべてにおいて、ネットがいいかと言えば、そうではない部分もあります。

ネットの情報は裏付けがしっかりとれていない情報ですから、嘘の可能性もあります。

 

欲しい情報が、鮮度がいいほうが良いのか、確実なほうが良いのか、見極めていかないと情報に翻弄され続けます。

 いろんな質の情報がゴロゴロと転がっている素晴らしい世の中のなので、私たちもうまく活用していきましょう!

では!

 

 

 

スポンサーリンク