20代も人生いろいろ!

お金好きの20代がお金と投資と好きなことを書き綴っているブログ

ミニマリストという言葉が増えすぎて

ミニマリストという言葉を知って、どれくらいになるだろう。

出始めの頃は、色々な方のブログでみる、「モノ」のない部屋が新鮮でした。

それから、ネットでもよく見かける言葉となり、ついに去年には本も出版され、ミニマリストという生き方がとても身近になりました。

ーーーーー

目次

ーーーーー

ミニマリストが当たり前になってきた? 

わたしのように、ミニマリストという言葉は知っている。また、ブログなどを見て、自分の中ではミニマリズムに傾倒するけれども、特に発信はしていない人々も多いのでは? 

これだけ市民権を得ると、色んな「ミニマリスト」「ミニマリズム」の解釈も増えました。

個人的には「それは違うんじゃないの?」と思うような「【えせ】ミニマリスト」も出現してきました。

あまりにミニマリストが増えすぎてよくわからなくなってきた

なんだかこの分野に対し、気持ちが萎えてきました。(そもそも、ブログで「ミニマリストです!」と発信する行動力を伴っている時点で、自分よりもすごい人かもしれないという劣等感も相まってる。)

そんなモヤモヤもあり、わたしは、自分のことをミニマリスト」だと思うことをやめました

スポンサーリンク

 

ミニマリストは名乗らないけど

それでも、自分の部屋には相変わらずモノは少ないだろうし、ムダを省くのは元から好きというか、性分だから続けていくだろうし、それでいいと思ってます。

「モノを持たない」という習慣として定着すればいい。

しかし、「モノを持たない」ことに執着しすぎている人がいます。

それはなんだか次元が違う気がしてならないです。

所有欲の塊

知り合いの親に、「レシート一つから全部捨てずにとっておく」という人がいて、ぞっとしました。

とにかく何も捨てずにとっておくらしいのです。

二人暮らしの一戸建ては、一階でのみ生活をし、今は二階は誰も使っていないのに、、二階の四部屋プラス物置がすべてが荷物部屋と化していて、天井までモノが積み上がっているそう。

ここまでくると、「モノに支配された生活」と呼べます。

自分が何を所有しているかなんて分かるのかな?

(むしろ、それでちゃんとわかっているなら、それはモノを持っていても物に支配されないすごい人です)。

生きてきた時代によって、モノに対する考え方は違うとは思うんですけどね。

まとめ

わたしはミニマリストを志していた時に生活からスタイルを変えていません。

ただ、モノを減らすことに執着しているわけではないので、わざわざ名乗らなくてもいいかな、というスタンスでいます。

 

では!

 

ミニマリスト系記事↓ 

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com

www.20jinsei.com