読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代も人生いろいろ!

毎日が実験。日々のつぶやき、副業計画、投資

ミニマリズムと倹約

個人的な考えだが、ミニマリストには金持ちが多い。
なぜならば、ものを持たない暮らしには金がかかるから、それを実践できる人はそれなりに財がなければ維持できない。
例えば毎度の洗濯をコインランドリーで済ますにも、食事を全て外で済ますにも、シャワーや風呂を外で済ますにも、お金がかかる。

この生活は自分の憧れであるが、それを実践することは今はできない。
理想を言えば、毎日ホテル暮らしだが、そんなことできるはずがなく。

食費やカフェ代を節約するのに家で自炊して、そろそろ嫌になってきている。

ミニマリストって、とても豊かな人たちだと思う。
ものを持たないことで、自分の所有するものに対しての執着心やストレスが軽減されることはもちろん、元々の金銭的余裕があるからこその豊かさはあるだろう。

今の自分が、食べ物も洗濯も風呂も外注のホテル暮らしをしたら、1週間くらいで破綻しそうだ。

そもそも、そういうことをやっている人たちは、私のような底辺社会人ではなく、自分で会社を動かしていたり、世界を飛び回るような生き方をしている人たちだ。

その人たちを羨ましいと何年も思っているのに行動が伴わない自分の責任だ。
話がそれたが、仕事に対してのウエイトが大きいからこその自分の身の回りを外注で済ませるということだ。

では、今の自分はどうだろうか。
これだけ時間はあるのに、これといった趣味もなく、だからといって、自分でなにかお金を生むことをしたいと悶々と思ってはいるが、何も行動できず、さらに悶々とストレスのみが溜まっている。

その間に、アイデアや行動力がある人たちはどんどん仕事を作り、自分の思いを形にできて、お金を生み、自分の理想に近づこうとできている。

反面、自分はどんどんフラストレーションばかりが増え続けている。

ずっと何年も思い続けていることだが、「自分には何ができるのか」という問いに対しての答えがみつからない。
何が好き?何ができる?と思い続けているが、何をしても続かない。飽きる。今の仕事もただやっているだけ。思いはない。これは本当にいけないことだと思う。しかし、仕事に楽しさが見いだせていない。
結果、生きることが嫌になっている。
ただ生きている。

ずっと考えて考えて思考の渦に埋もれていく。

自分はいったい、何がしたいのだろう。