読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代も人生いろいろ!

毎日が実験。日々のつぶやき、副業計画、投資

「読書の秋」を初めて感じる

食欲が旺盛だから、今までは「食欲の秋」しか感じたことがない。

今年は初めて、「読書の秋」を感じそうだ。

この夏は、例年よりも、身に感じる暑さがツラかった。
全てが嫌になり、何もできない日も少なくなかったが、それと同時に、わりと好きな「本読み」すらできなかった。
汗だらだらで本を読んでも、きっと本はびしゃびしゃになるだろうが。

やっと朝晩は少しだけ暑さが和らいできた気がするので、それとともに、本に対する想いも復活していた。

本は好きだが、新品の本をポンと買えるほどの器は持ち合わせていない。
今までは、大抵、図書館の予約を待ち続けるか、あまりに時間がかかりそうなときは古本を探すことにしていた。

しかしそのやり方は本への気持ちの新鮮味がかなり損なわれていることに気づいた。
理想は、目に付いた本をすぐ購入して、読み終えたら人に譲るなり売るなりできたらいい。
長い期間、新品の本を購入していないので、なんだかとても身の丈に合わないことをしているように感じるのだ。
金券ショップで購入する図書カードは専ら文具類で使われている。(今は本屋に文具や時には食品さえもが売られている時代でありがたい)

自己投資として、本を購入することもこれから考えてもいいような気がしていた。
本も鮮度を大切にしていきたい。