20代も人生いろいろ!

お金好きの20代がお金と投資と好きなことを書き綴っているブログ

歯列矯正・歯科矯正中でも固い食べ物が食べたくなる

今、大人の歯列矯正中です。
堅いせんべいが好きな自分としては、思ったようにうまくせんべいが噛めないことが悔しくてならないのです!

食に対する思いが熱いので、きっと他の人なら食べることを諦めるであろう痛さでも、何とかして食べています。
食に対する思いがあれば、歯列矯正の痛さは超えられます。
ーーーーー
目次

ーーーーー

矯正初めの2週間

初めの2週間は本当に痛くてお粥で生きていました。

今後ずっとこんな感じなのだろうかと本気で泣いてました(ご飯が食べられないツラさで)。
徐々に食べられるようになったら、以前にも増して食べてしまい、体重が一気に増加。まずい。

痛いのは一時的

ネットで歯列矯正を検索すると、痛いだの食べられないだの色々書かれてます。
実際痛いのは、歯列矯正前の抜歯。
あとは、最初に器具をつけた2週間と、器具を調整した後数日くらい。
スポンサーリンク


やってよかった歯科矯正

大人の歯列矯正、今はまだ途中だが、やって良かったと思いつつあります。
本当にひどい歯並びだったので、顔が曲がっていたり、アゴが二重になっていたり、変なとこから歯が生えていたり、見栄えが悪いし、歯磨きはし辛いしで、何かと毎日当たり前に困っていました。
その当たり前に困ることが、器具がある分歯磨きは大変だけど、見栄えの面では困ることが格段に減ったのです。

普通に笑える

器具を装着してますが、わたしは普通に歯を見せて笑ってます。誰も思ったより気にしないから平気です。
それに、歯並びが悪い歯で笑っているより、矯正中だと分かってもらった方が、なんとなく印象が良い気がします。
今、投資したぶん、のちのち入れ歯とかそういう心配が少しでも軽減されれ歯科矯正は成功ですね!
まだまだ時間がかかりそうですが、心折れずにやっていきます。
では!
↓その後の記事です。
www.20jinsei.com