読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代も人生いろいろ!

毎日が実験。日々のつぶやき、副業計画、投資

銀行の店舗、開いてる時間の制約多すぎてなかなか行けない。

思い立ったらすぐ行動、めんです。

 

思ったときに行動しようとすると、だいたい銀行の窓口が閉まっています。

今日も、定期預金の解約をしようと行ったら、15時15分。終わってました。

私がよく時間を見ないで行くから悪いんですけど、思ったときに思ったことができないってとても不便です。

たいした年利でもないのに、、、。

 

銀行の店舗とネット銀行

いっとき、地方銀行の定期預金がとても流行りましたよね?あれ?私だけ?

その波に乗り、口座を作り、更新し続けてきました。

今年はようやく投資に足を踏み入れ、増資しようと思ったらこれですよ。

 

ネット銀行なら、ものの数分で処理完了するのに。

行く手間時間の制約、こういうところから、銀行窓口を使わなくなってくるんです。

預けてもそんなにお金にならないし

 

お金を預けるという点

定期預金良いところは元本保証っていうところです。

投資はいつでも元本割れのリスクは抱えていますから。

しかし、ネット銀行でも定期預金はあるから(しかも、金利は店舗よりも高い)、銀行窓口に行くメリットって、もう無いのでは?

店舗は定期預金の更新するだけで、30分も40分も保険の勧誘の話をされる時もあるし、むしろデメリット多いです。

投資するときに作ったネット銀行に全部移そうかな。

書いていて、余計に、毎回わざわざ行く意味が見いだせなくなってきました。

 

銀行の店舗を使うのは誰?

時間に制約のある20~50代くらいの人たちは、なかなか窓口を利用することは大変でしょう。

窓口はATMを使いこなすことが難しく、時間の制約がない高齢者向けなんじゃないか、という一つの結論にたどり着きました(個人以外の企業ももちろん大口客だと思います)。

ATMでよく、もたつきながら窓口直通電話を掛けている年配女性を見かけます。

↑こういう人向けです。

 

これはあくまで私の意見に過ぎません。

しかし、これから、銀行窓口を使う個人は確実に減ります

現代人は急いでいる、というよりも、時間を無駄にしたくない人が多いからです。

 

私も今後、今持っている店舗の口座から、少しずつネット口座へ資金を移動していきます。もう待つことは苦手だー。

 

では!